トリアーノ・リーヴ・ゴーシュ                若き日のパパの、ベルサイユでの夏の生活、パリそしてヨーロッパ、中近東などへの旅行の思い出を綴ってます。
by tolliano-papan
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
●Tolliano blog
トリアーノ・リーヴ・ドロワット
東男と京女のトリアーノ家。日常雑記を綴ってます^^;

Copyright (C) 2005-2017 Tolliano
All Rights Reserved.
Not for use without permission.
__________________
●リンク(エキサイト以外)
カメラと一緒にパリでお散歩*
プチと一緒にパリでお散歩*
パリの幼稚園のフランス語ノート
__________________
カテゴリ
インフォメーション
ヴェルサイユ
パリ
*** イル・ド・フランス
*** イギリス
*** イタリア
*** スペイン
*** オーストリア
*** ドイツ
*** ギリシャ
*** トルコ
*** エジプト
以前の記事
2008年 02月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
検索
information
画像一覧
1989 ベルサイユ、RDとRG 2
f0043488_10473054.jpg

地図で見るとこんな感じになります。RDからベルサイユ宮殿まで、歩いて15分弱位です。ゆるやかな登り坂です。途中マルシェがあります。RGは目の前がバスターミナルで、モノプリ(スーパー)が駅のそばにあるので便利でした。アベニュー・ド・パリに出るとベルサイユ宮殿がモワ~っと遠くに霞んでるように見えます。ときに、地図の右下に、ベルサイユ第3の駅、ベルサイユ・シャンティ駅があります。

ちなみにこの地図は、Plan Guide Blayシリーズのベルサイユ編で21F(約¥450)でした。Fはフラン(フランス・フラン)の通貨略号です。まだユーロ実施前の時代です。当時もう話題になってましたけど、あと何年かしたらフランという呼称がなくなるなんて・・・まさかね、ウソでしょ、ありっこないよね、そんな頃のお話しです^^;

次回は、ベルサイユRD・RGから乗ると、パリのどこに着くのかっていうお話しです。
[PR]
# by tolliano-papan | 2006-02-25 23:55 | ヴェルサイユ
1989 ベルサイユ、RDとRG 1
f0043488_0102565.jpg

ベルサイユ到着2日目の途中ですが、宮殿の入口に来たところで、ベルサイユへのアクセスをご紹介します。この写真は、ベルサイユ宮殿を背にして撮ったものです(下の写真の反対側)。

●アベニュー・ド・パリ

正面をご覧くださいませ、アベニュー・ド・パリという名の大通りが見えます。この年の200年前、1789年10月5日、女性を中心とした数千のパリ市民が、べルサイユまで行進した道です。これをべルサイユ行進(別名:10月事件)といいます。パリから歩いてこようという方は、この道をどうぞ・・・それ相応の時間がかかります^^;

●ベルサイユ・リーヴドロワット駅(RD)

左手をご覧くださいませ。この先にSNCF(エスエヌセーエフ=フランス国有鉄道)の駅があります。パリ・サンラザール駅とベルサイユを結んでいます。景色抜群です!パリから乗る場合は進行方向左手の座席に座ってみてください。ラ・デファンスを過ぎて少しいくと、うぉ!突然パリの遠景が!特に夜は、ライトアップされたエッフェル塔が、まるでジュール・ベルヌの月世界旅行のロケットのように見えます。エッフェル塔の遠景が見えるところは多々あれど、パパ的にはこの景色が一番好きです。ベルサイユに近づくにつれ車窓には19世紀の家なみが見えてきます・・・ステキ!!!ベルサイユへの期待が高まります。

●ベルサイユ・リーヴゴーシュ駅(RG)

右手をご覧くださいませ。この先にRER(エール・ウー・エール)の駅があります。正式にはVersailles-RG Château de Versaillesといいます。RERは、郊外直通高速線でAからEまで5路線あります。パリからだとエッフェル塔、オルセー美術館などの駅(パリ・セクション・アーバン)から乗れますのでとても便利です。ベルサイユ宮殿に一番近い駅です。ただし行き先表示にご注意を。C線です。しかもコードがV。C線でもSだとベルサイユの第3の駅、ベルサイユ・シャンティ駅に行ってしまいます。リーヴゴーシュ駅まで15分位歩きます。パパは5年間で2回、間違えてしまいました。気が付いた時はもう遅いです、ひぇ~!

なお、1989~94年の内容で書いてます。ご旅行の際は、最新の情報でご確認くださいませ^^;

【SNCF】Societe Nationale des Chemins de fer Francais
【RER】Reseau Express Regional
camera:Canon New F1/film:Fujichrome/original no.V-R198900115/
[PR]
# by tolliano-papan | 2006-02-22 23:50 | ヴェルサイユ
1989 ベルサイユ宮殿 2
f0043488_0395689.jpg

広大な大地と空、ロワシーに到着した時から感じていたこの印象は、ベルサイユでもパリでも同じ!この日は、6月なのに肌寒く、朝からセーターを着込むほど。雲に覆われて薄暗くなったかと思えば、突然太陽が眩しいくらいに照らし出すという空模様!ベルサイユはドラマチックなのだぁ~!

この位置から宮殿を見ると、南翼(左)と北翼(右)の力強さが印象的です。なんだかスフィンクスの足みたい。シンメトリーの美学!でも、ひとつでっぱった建物が見えます、それが礼拝堂です。
それにしても、手前のマダムお二人、ステキです。二人でトリコロールしちゃってます^^;

camera:Canon New F1/film:Fujichrome/original no.v-R198900116/
[PR]
# by tolliano-papan | 2006-02-19 23:59 | ヴェルサイユ
1989 ベルサイユ宮殿 1
f0043488_0231210.jpg

ベルサイユ到着の翌日、午前中は、マダムと一緒にベルサイユの街へお散歩。SNCFのベルサイユ・リーヴ・ドロワット駅(Versailles RD)で切符の買い方、マルシェや、おいしいブーランジェリー(パン屋さん)、郵便局など、普段の生活に必要なお店を教えていただきました。

そして、ここにもご挨拶、ベルサイユといえば・・・ベルサイユ宮殿!うおぉぉぉ、すごい~!ステキ~!でっかい~!ここに、太陽王ルイ14世が、マリーアントワネットが、ポンパドール夫人が、モーツァルトが、そしてアンドレもオスカルも・・・感動です!超ド級の感動です!こんなにすごいとは思わなかったのであります!感動にふるえるパパの前をマダムはスタスタと歩いていきます、待ってぇ~^^;
[PR]
# by tolliano-papan | 2006-02-18 23:22 | ヴェルサイユ
ベルサイユ夫妻
f0043488_065130.jpg

今日は、パパがお世話になったベルサイユ夫妻をご紹介します。ベルサイユ夫妻は、パパをフランスへと導いてくださった大恩人です。

続きを読む・・・
[PR]
# by tolliano-papan | 2006-02-11 01:00 | ヴェルサイユ